英会話教室での出会い。はじめは苦手だった英語での交流

中学2年生の頃から、英語でつまずいた私は、英会話教室に通うことになりました。

文法はともかく、発音とイントネーションが特にうまくいかなかったからです。

先生はネイティブで、はじめ受け持ってもらったのは、ハワイ出身のカッコいいジョンという男性の先生でした。

英語でいきなり話しかけられて戸惑いも多かったのですが、少しずつゆっくりとですが聞き取れるようになり、また、簡単な話ができるようになっていきました。

そして、ジョンはハワイに帰ることになった時、住所を書いたメモと英語で書かれた物語の本をプレゼントしてくれました。

そこで、初めてエアメールを書いて送りました。

すると、ハワイのクリスマスカードを送ってきてくれて、いつでもホームステイに来て良いと書いてあり、感激したことを覚えています。また、その後の先生がたもステキな方ばかりでした。

クリスマスパーティーで、ケーキを配ってもらったのに、私のところにはフォークがなく、フォークをもらうために自分から英語で話しかけなくてはならなくなり、思い切って言ってみたところちゃんと伝わり、フォークを手渡してもらった時も、とても嬉しくて、英語をもっと上手くなりたいと思ったものでした。

高校生になってからは、ペンフレンドクラブにも登録し、アメリカ人の高校生と文通をはじめました。

初めてもらった手紙は、高校生らしく丸い文字で、読み取るのが大変でした。

そして、返事を書くのも、辞書を片手に四苦八苦しながら書いたのです。大変ではありましたが、生きた英語を勉強するにはピッタリだったと思います。

受験勉強や、授業の勉強など、勉強のための勉強は嫌いでしたが、英会話学校の先生がたとはなしたり、ペンフレンドと文通することは、本当に楽しく、もっとこういった生きた英語の勉強を小学生や中学生の頃からたくさんできていたら、もっと英語ができるようになっていたのではないかなあ、と思います。

気が小さかった私は、ジョンがせっかくいいと言ってくれたのに、ホームスティにも行く勇気がなく、大学でも留学する自信もなく、残念ながら英語とはかけ離れた生活を送っています。

しかし、今でもジョンがくれた本を大事に持っています。

英語を学ぶということは、単に語学の勉強ではなく、人との交流のための手段を身につけるということなのだなと今になって思います。

これから勉強する子供たちには、生きた英語の勉強をしてほしいと思っています。

マレーシア留学でネイティブの英語を学ぶのが一番と思った

以前に英語の勉強をするためにマレーシアに留学していたことがあります。

地元にはネイティブスピーカーの白人が教師として働いている英語学校がいくつかありましたが、そのようなところは授業料が高いために自分は地元で英語を母語とするマレーシア人教師から英語を習っていました。

この学校には様々な生徒がいました。

自分のように英語を学ぶためにマレーシアに来た人、ご主人の仕事の関係で引っ越してきたものの、英語が話せない主婦、そして英語をもっと勉強したいという地元の子どもたちなどです。

自分が教わっていた教師はマレーシア人としてはかなり上手な英語を話していたと思います。

また発音が明瞭であるために、日本人にとってみれば非常に聞きやすい英語でした。

授業は会話形式で行われましたが、重要なポイントは教師がホワイトボードに書き出し、それを生徒がメモするように勧められました。

この教師は年齢が60代後半くらいで、ホワイトボードに文字を書くスピードが非常にゆっくりでした。

そしてこの間に日本人の主婦たちは日本語でおしゃべりを始めます。

自分もついつい母語の心地よさに引かれ、主婦の会話に交じってしまいました。

英語学校で勉強しているのに日本語を話してしまうのはよくないと感じ、環境を変えたいと思っていた矢先、マレーシアに滞在する数人のアメリカ人がボランティアで英語を教えるクラスを開くことがわかり、それに参加することにしました。

このクラスに参加する前に、まずは英語のレベルをアメリカ人教師が知るために、一人一人と会話する機会が設けられました。

数人が一つの部屋に呼ばれ、そこでアメリカ人教師とある話題について簡単な会話を行うという仕方で進められていきます。

自分と一緒にこの会話に加わったのは、親の仕事の都合でマレーシアに引っ越してきた男の子でした。

この子とは以前の英語学校でも一緒に勉強しています。恐らく年齢は高校生くらいだったと思いますが、かなりしっかりした子で、アメリカ人教師の質問に対してもスラスラと返答していました。

「さすがだな」と思って会話を聞いていると、アメリカ人教師がこの男の子に対して「あなたの英語はなまりがすごい」と一言述べたのです。

確かに以前の英語学校の教師は中国系マレーシア人で、中国人独特の発音で話されることがありました。

とりわけ「R」が短く発音されることがあり、この点はネイティブスピーカーとの大きな違いです。

もちろん理解される英語を話すことが大切であるために、少しのなまりが会話に大きく影響することは滅多にありません。

しかしよりわかりやすい英語を離したいのであれば、やはりネイティブスピーカーに教えてもらうのが一番であると実感しました。

ディスカッションに参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です